2/15(日)ネルケ無方先生ワークショップ開催!タイトルは「迷いは悟りの第一歩」

line01

昨年は2度vedaへお越しいただいたネルケ無方先生。
すっかりvedaのことを気に入ってくださり、本年も早々にネルケ先生のワークショップが実現します!

今回のタイトルは「迷いは悟りの第一歩」。前回もとてもざっくばらんなお話が聴けて、ご参加のみなさんにもめい先生にもとても好評でした!(めい先生のインスタグラムレポートはこちら。)

今回もきっと、お寺の知恵を現代の生活に繋げるリアルなお話が聴けると思いますので、是非お楽しみに♪

IMG_2187

<ネルケ無方先生ワークショップ>

*日時: 2月15日(日)15:00-16:30

*タイトル「迷いは悟りの第一歩」

*内容: 

悟りを求めて来日して25年。ドイツ人の私が、迷いと悟りのカラクリの話をします。
「悟り」という言葉を聞くと、すばらしい精神体験を想像している人も少なくないでしょう。欧米では「悟り」のことを「エンライトメント(enlightenment)」と言います。大きな光に照らされて、煩悩の雲が吹き飛ばされて、迷いの闇が消えてしまうようなイメージです。

「悟れば、全ての問題は解決する」

「悟れば、二度と悩まないだろう」

「悟れば、永遠の幸せが手に入る」

しかし、「悟りたい」という思いこそ凡人の気持ちの表れなのです。

悟りは、迷いの自覚です。迷いがなければ悟りもなく、迷いは悟りの原料と言えます。悟りがあるからこそ迷いに気づかされるのです。
そんな教えを心に留める貴重な時間になるでしょう。

*参加費:3,600円(YT利用可/マイソールパス保持者は3,000円)

IMG_2145 

<講師プロフィール>

ネルケ無方(ねるけ・むほう)

4276-300x200

兵庫県にある曹洞宗の禅道場、安泰寺住職。’68年ドイツに生まれ、16歳の時に高校のサークルで坐禅と出会う。’90年に初めて安泰寺に上山し、その後 ’93年に出家得度、八代目の住職・宮浦信雄老師の弟子となる。8年後、33歳で独立した禅道場を開くために下山。大阪城公園で「流転会」と称してホームレス雲水生活を開始するが、その6ヶ月後に師匠の訃報を聞き、山に戻る。’02年から檀家ゼロ、自給自足の山寺の住職を務め、国内外からの参禅者・雲水の指導にあたって共に修行生活を送っている。大阪で知り合った妻と結婚、3 児の父親でもある。

著書に「迷える者の禅修行」(新潮新書)、「ただ坐る」(光文社新書)、「道元を逆輸入する」(サンガ)、「迷いながら生きる」(大和書房)など。

***

ご予約は、Web予約システムからどうぞ。お電話でも受け付けます。

多くのみなさまのご参加をお待ちしています☆

written by orie

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01