Staff Report On De-Cluttering Your Inner Landscape

「自分を見つめるための、心の断捨離 」スタッフ体験記

line01

禅僧、ネルケ無方。

スラッとした身長とそのイケメンぶり

とは裏腹に、実際のお話は、

ウィットと自虐ネタ満載で、

思わず笑ってしまうシーンに溢れます。

 

 

そんな先生が語るテーマ、

「心の断捨離」

心の断捨離って何だろう?

興味が湧き、お話を聞いてみました。

 

 

「どうしても受け入れられないこと

はありますか?」

 

私の答えは素直に「はい。」

どうやって受け入れたら良いのか、

説法をいただけるのかと思ったら、

「受け入れられないものは、

そのままで良い。」

 

え?耳を疑いました。

答えは?解決方法はーー??

 

 

でも、先生のお話を聞くうちに、

自分なりにちょっと解釈出来たことが

ありますので、印象に残ったお話を

ご紹介します。

 

人は誰もがある役割を担っています。

子供、親、先生、日々、

いろいろな役割を演じているのです。

 

 

では、その役が窮屈になったら?

親でいることが嫌になったら?

その時は一度、その演劇のステージ

から降りたらいい、

降りた次元から、一服したらいい。

どうやって一服するって?

ただ座ればよいのです。

 

そこには顔も役割も名前さえない

存在と心の自由がただ、ある。

 

 

 

 

 

 

ほぅ。次元が違うのか。

そこで一服してみたなら、

余裕が生まれる、スペースが生まれる。

 

役割なら楽しく演じ切ればいいのか。

脚本を無理に変えよう、

役が不満だと文句を言うのではなく、

そのままを受け入れる余裕をもって、

全てを受け入れたら良いのか。

 

心の断捨離をして自分(役)を

手放し、ステージの次元を変えて

初めて出会える新しい自分がある。

周りの誰もがその役でしか私を

見ていなくても、私はそこで、

何者でもない自分を見つめることが

できるのだと。

 

まだ見ぬ世界が広がっていると

感じた私は、正直、ワクワクしました。

 

 

 

「お父さんは言ってることは本当に

素晴らしい!けど、やってることが

全然ともなっていないじゃないか、

こう子供に言われてしまう私は今日も、

お父さんを演じています。」

 

 

最後にしっかり自虐ネタも取り入れる、

ネルケ先生のお話。

 

また次回も楽しみです!

 

 

written by staff hiroko

 

【今回参加したワークショップ】

9/12(土) 14:30-15:30『自分を見つめるための心の断捨離 

TAGGED : , ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01