Staff Report On Easy Yoga For Body and Mind

「アーユルヴェーダでわかる、 日本の四季と心のゆらぎ」スタッフ体験記

line01

なんだかずっと気になっていた

「アーユルヴェーダ」

それがミニトークのテーマだったので、

クラスを受けてみることに。

 

 『カラダとこころを調和するEasy Yoga』

今回のminiトークテーマは、

「アーユルヴェーダでわかる、

日本の四季と心のゆらぎ」

 

 

インド系カナダ人であるマニーシュ先生。

ご自身のルーツでもあるインドの

伝統医療であるアーユルヴェーダは、

とても馴染み深いものだという。

 

 

アーユルヴェーダでは、身体の生理

機能に働きかけるその特徴を3つに

分けるそうで、

「ヴァータ(風)・ピッタ(火)

・カパ(水)」

 

自分がどれに当てはまるのか知ってお

くと、体質改善、また、性格や特徴を

理解する上でとても役立つそうですよ。

 

 

さて。秋はアーユルヴェーダでいうと

「ヴァータ」の季節。

 

冷性の属性を持つヴァータを静める

ときは、生ものや冷たい物はさけて、

熱を通すのが良いそうです。

 

ケアとしては「ごま油」を少量

手に取って足や手に塗るのもオススメ

だそうです。

 

また、移ろいやすく、ふわふわしがち

なので、地に足が着く様にゆっくりと

グラウンディング出来る様なヨガの動き

を取り入れると良いそうです。

 

 

そんなお話から始まったヨガ。

 

 

流暢な柔らかい日本語でリードされる

動きをひとつづつこなしていくと、

いつもと変わらない環境、空間なのに、

だんだん周りが静かになっていく感覚に。

 

そしてなぜか実感したのは

「あー、私のこの身体は器なんだ。」

ということ。

 

静かな空間で、呼吸が

身体を奏でる感覚を味わいました。

まさに、それは新感覚。

さぁ、次回はどんな感覚を味わいましょうか。

 

Written by staff hiroko

 

 

 

 

【10月のマニーシュのワークショップ】

10/18(日) 14:00-15:00

『カラダとこころを調和するEasy Yoga』

 miniトークテーマ:「五感の魅力と危険性」

 視・聴・嗅(きゅう)・味・触の五つの感覚は
私たちに彩のある毎日を届けてくれます。
しかし、それらがネガティブに働くと、自分の軸を
見失ってしまうことも。ここでは、五感を正しく理解し、
五感の示す知恵と仲良く暮らすために、
その魅力と、そこに潜んでいる危険性に迫ります。

*ブログはこちら

 

【今回参加したクラス】

『カラダとこころを調和するEasy Yoga』
miniトークテーマ:
「アーユルヴェーダでわかる、
日本の四季と心のゆらぎ」

TAGGED : ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01