哲也先生代講レポート&10/26(日)「vedaコミュニティ」ご案内☆

line01

さわやかな秋晴れの日が続いています♪
そんな心地良い秋の季節には、イベントが多く、めい先生が不在がちになるため、哲也先生に代講いただくことが増えています。

本日(10/11土)も、早朝から3クラス連続で代講いただきました。
最近は「vedaマイソール」でご指導いただく機会も増え、生徒さんたちも慣れてきているようですね。

1クラス目は「アシュタンガレッド(フル)」。
ヨガでは唯一の男性講師となる哲也先生の低音のチャンティングが響きます♪

IMG_2983

アシュタンガヨガのプライマリーシリーズ全部の流れを、先生のカウントに従って全員一緒に動いていくレッドクラス。
全員が同じ呼吸に集中してアーサナを取る光景は、一種の力強さを覚えます。

IMG_2989

90分たっぷり動き、休息(シャバーサナ)の時間を取った後は、恒例の流れとなってきた「フリーカンファレンス」の時間です。
インド・マイソールのスクールでも、週末はこのような時間が取り入れられているとのことです。

IMG_2992

今日は哲也先生から「フィニッシングアーサナの大切さ」のお話を中心に解説していただきました。
なぜ大切なのか、アーサナ練習を行って体内のエネルギーの流れがどのようになっているかなど、改めて伺うと毎日の練習を見直す機会になりますね。

この時間は、生徒さんからの質問も受付けながら進めていきますので、是非普段聞けないことなどをこの機会にぶつけてみてください。
第2/4土曜日9:30-10:00「フリーカンファレンス」はどなたでもご参加いただけます!通常はめい先生のご担当です。

さて、少し時間を明けた後は、「アシュタンガ基礎」。
こちらはさらに初心者向けに分かりやすく、1つ1つのアーサナを解説しながら進めていただきました。

IMG_2996

整体師の資格も持つ哲也先生から伺う身体の使い方のお話は、とても分かりやすく、実践や悪い例を交えながら聞けることが特徴です。

最近は、ご自身担当の毎週日曜17:00-18:30「アシュタンガレッド(ハーフ)」クラスでも、ホワイトボードを用いながら、東洋医学やヨガ哲学の話を交えてお話くださる機会が増えています。是非一度ご参加してみてくださいね☆

photo

さて、そんな哲也先生が10月の「vedaコミュニティ」を担当してくださいます!

10/26(日)15:30-16:30『ヨガする男性って?』参加費1,000円

ヨガ男子は増えているものの、今でも圧倒的に女性が多いヨガの世界。元々インドでは男性のものとして発達したヨガを、現代に置き換え、日本男子の先駆け的存在として10年前からヨガを始めた哲也先生。そんな思いを存分に聞いてみましょう!
より多くの男性にヨガを知ってもらうには?
女性が多い中で続けている男性プラクティショナーの心理や悩みなど、
ざっくばらんに質問を受けながら進めていきますので、vedaメンズはもちろん、veda女子もこの機会に集まって、男性心理について語り合いましょう♪

1時間で語り足りるか、、という内容ですが、是非ご興味ある方はご参加くださいませ★

IMG_3000

みなさまのご参加お待ちしています!

written by orie

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01