『陰ヨガ・陽ヨガ・調和のヨガ Vol.4』by 桶田弥里

line01

今回は男女においての陰陽を考えていきたいと思います。

中医学では「気・血・水」の3要素が身体を構成していると考えられています。
それぞれが持つ性質から、
「気」は「陽」、「血と水」は「陰」に分類されます。
様々な考え方がありますが、「気」はエネルギーで軽く温かいので「陽」、「血と水」は液体で重たいので「陰」となります。

男性は女性よりも「気」の要素が多く、女性は「血」の要素が多いため、
男女の陰陽を考えたときは、男性は女性はとされています。

***

男性は外へ向かっていく性質で、活動し、動いていくいう陽の性質を持っています。
活動をより発展させそして良い状態で保つためには、ロウソクのロウ-火を絶やさないためのしっかりとしたロウ-のような土台が必要です。
男性にとっては、活動(=陽)を支えるための土台として「陰」が必要なのです。
持続や継続は陰の役割でもあります。

一方女性は、陰の性質です。
中医学では女性の一生は「血」との関わりの中で成り立っていくとされています。
月経はもちろんですが、妊娠・出産、授乳、更年期も「血」が関係しています。
女性はもともと陰の性質にあるので、陽に傾いたら陰に戻してあげことが必要です。

***

男性と女性は、そもそもの性質が違います。
現代では、女性も男性と同じように働く機会が多いので、なかなかその性質の違いということに重きが置かれません。
かくいう私もそうでしたが、陰陽五行を勉強し始めて、「男性と女性はやはり役割というのものが違う」ということに気づき実感するようになりました。

***

社会で「働く」ということを考えたときに、そこには陽の要素が絶対に必要です。
様々なプレッシャーや、時間までに仕上げなくてはいけないこと、忙しさ、そういった中で結果を出すためにはリラックスの要素だけではどうにもなりません。
交感神経をONにして向かっていかなくてはいけないことが大半だと思います。

ですが、陽の要素は単体で存在しているわけではなく、陽は陰があるから「陽」、陰は陽があるので「陰」という概念が生まれる、ということを以前のブログで書かせていただきました。

「社会で働く」ということを考えたときに、どういったバランスが必要になるかというと、最初に挙げたように、
男性は活動のエネルギーを持続させより良い状態でいるためにそれを支える土台としての「陰」の要素(=リラックス、睡眠、休むことなど)が必要ですし、
女性は、陽に傾きすぎているのを「陰」に戻すこと(=リラックス、睡眠、休むことなど)が必要になるのです。

***

私は会社勤めをしていた頃、女性の権利云々という話ではなくて、単純に男性と同じようにバリバリ働きたいと思っていました。
というより、働く、ということに関して男性の働き方しか知らなかったのだと思います

ですが、女性は男性と同じ様には働くことができません。
もちろん逆もしかり。

それは、女性は責任あるポジションに着くべきではないとか、分量を減らすとか、そういったことではありません。
同じ方向を目指すにしても性質が違うため、そこへの道のりが違うのだろうと思います。

人は個々の存在なのでその違いがあるのはもちろんですが、
大きな意味での男女の性質やそれに伴う役割が違うという意味で、
男性には男性の、女性には女性の、
目標達成のやり方、思いやりの仕方、支え方、心配りの仕方は違うのだろうと思います。
だからこそ社会やコミュニティ、思想や文化、そして人生そのものの広がりが出てくるのだと思います。

IMG_2923

***

女性について少し書いてみようと思います。

女性は陽に傾きすぎたら陰に戻すことが必要だ、とお話しました。
陰の要素の中には、「潤い」があります。

そのため女性は潤っている状態が一番良い状態で、女性にとって乾くことは良い状態ではありません。

「乾く」とはどういうことでしょうか。
ストレスや心配事、頭を使ったり、寝ていなかったり、目を酷使したりといったことで、女性にとって大事な「血」を使うことになります。
そうすると、身体と心を潤し栄養を与える役割を持つ「血」が失われていき、身体も心も乾いていくことになります。

頭痛、肩こり、生理痛、イライラ、情緒不安定、、それらに悩まされた経験がある女性は少なくないと思います。
「血」は十分蓄えられていて、そして十分巡っているということがとても大切なのです。
女性には自分に潤いを与える意味でも毎日の「陰」の時間を大切にして頂きたいと思います。
本来女性は、リラックスすること(=陰)がとても好きですよね!
お風呂に入るにしても、髪を切りに行くにしても、マッサージやネイルをするにしても、身体を洗うことや、整えるという具体的なことだけでなく、どこかしら癒されたり、ほっこりするために行っているところがあるのではと思います。

女性がイライラして、ヒステリックになるということは、
本来の「陰」の状態からバランスを崩していると言えるのです。

女性の持つ「潤い」とは、優しさであり愛であり余裕なのだと思います。
女性が笑顔だと、周りも明るくなりますよね!

しなやかであるということは、柔らかさの中に強さがあることです。

「陰」であるということは、しっかりとした土台がある、ということで、
しっかりとした根をはってグラウンディングしているということですね。
表に出ている柔らかさは、しっかりとした強い根があってこそなのだと思うのです。

***

私たちは、様々な陰陽の中で生き、
様々な陰陽を持ち、バランスを取っています。

様々な生活や文化、思想のバックグラウンドがある中で、
私たちは自分にとってのバランスを探しています。

陰を知ることで、陽の状態がわかる、
陽を知ることで、陰の状態がわかる。

今自分がどういうバランスでいるか、陰ヨガというツールを通して知ってもらえたらと思います。

現代においてONにしっぱなしになりがちなスイッチを、是非OFFに。
そうすれば、改めてスイッチを入れたときに、どれだけ明るくエネルギーに溢れたものか分かると思います。
清々しい朝は、必ず深い夜の後にやってくるものです。

毎日来る朝(陽)が新鮮で色褪せないように、豊かな夜の時間(陰)を大事にできればと思います。

written by misato

***

いかがでしたか?
男女の陰陽について解説いただきましたが、現代社会で過ごす方にはどなたにでも必要な要素となっているのが「陰」の世界なのかもしれませんね。

毎週火曜19:30-20:45「イブニングヨガ〜陰ヨガ」是非お待ちしています!
<イブニングヨガ代講クラス情報>
※11/17(月)「クリパルヨガ」⇒「陰ヨガ」
※11/25(火)「陰ヨガ」⇒「ジェントルフロー」

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01