イブニングヨガ講師インタビューVol.3:渋木さやか先生

line01

イブニングヨガ講師インタビュー、第3回は木曜担当の「シヴァナンダヨガ」渋木さやか先生です。

今回は私、受付スタッフの冬奈がインタビューさせていただきました!
さやか先生の魅力に迫ります☆

***

―早速ですが、シヴァナンダヨガとは、どのようなヨガなのかご説明いただけますか?

特徴的な12のシークエンス(ポーズ)が基本となって構成されているヨガで、インドで発祥となった全世界共通の伝統的なヨガのスタイルです。背骨に沿って動き、終わった後はスッキリ感があるので、老若男女ともみなさんどなたでも無理なくできるでしょう。クラスの序盤にシルシャーサナなどのチャレンジポーズが入るところも、他にはない特徴だと思います。

―難しいポーズもいきなり入っていますよね。ヨガ初心者でも大丈夫でしょうか・・・?

体力の面では、クラスの途中でたびたびシャバーサナの休憩が入り、ずっと動き続けるのではないので大丈夫だと思います。一つひとつ丁寧にポーズを味わっている間に、気づけばクラスが終わっていた、という感じがすると思いますよ(笑)。

unnamed-1

―なるほど!私もやってみてそう感じました!

難しいと思われるポーズが出てくると、「自分はできない!」と驚かれる方もいらっしゃいますが、そもそも人は自分で自分の限界を頭で決めてしまっていることが多いと思うんです。難しいポーズにチャレンジしていくことは、その限界の壁を超えていけるチャンスになるんですよね。自分の作った常識を壊して、新しい自分を再生していく・・・ヨガの神さま、シヴァ神は、破壊と再生の神さまですからね。

―ポーズができても、できなくても、クラスではみなさん、楽しそうに挑戦されていますよね。

さて、さやか先生はいつ頃からヨガを始められたのですか?

20代半ばから後半だったでしょうか。それまではクラブに行ったり、夜遊びで忙しかったのですが(笑)30歳手前になって、ふと「今の自分のままでいいのか?」と思って。それまでは全く体を動かしたことがなかったのですが、今までと違うことに挑戦してみようとスポーツクラブに通い始めたのです。走ったり泳いだり・・・その中のプログラムの一つだったヨガのクラスに参加したことがきっかけでした。

―初めてのヨガは、いかがでしたか?

衝撃を受けました!何が起こったのか分からないほどだったのですが、泣きそうなくらいスッキリしたんです。
その頃、仕事や恋愛など、自分の頑張りだけではどうにもできない壁にぶつかっていたのですが、ヨガをしている間は、そのストレスから解放されてラクになったんです。この不思議な感覚を追求したくて、先生に相談し、その先生の出られたスポーツクラブのTT(ティーチャートレーニング)に参加しました。その時は、ヨガ講師になるつもりはなかったのですが、ヨガを深く知りたいと思ったのです。

―シヴァナンダヨガと出会ったきっかけはどんな流れだったのでしょうか?

偶然・・・ですね。本当に、たまたま。ヨガジャヤというスタジオで、そこのシヴァナンダヨガのクラスに参加してみたのがきっかけです。そこで、素敵な先生に出会いました。シヴァナンダヨガのスタイルが本当にステキだなと思い、続けているうちに、その先生からのお誘いで、今度はシヴァナンダヨガのTTに参加しました。2010年のことです。

―運命的な出会いだったのですね!

そうですね!その後、ATTC(上級講師養成コース)にも参加し、イベントなどの機会も多くなってきて、その魅力に引き込まれていき、「よし、自分はシヴァナンダを伝えていく!」と決めたのです。

unnamed-4

―わぁ!そこから現在に繋がっているのですね。
vedaで教えていただくことになったきっかけは、どのようなものだったのでしょうか?

当時、表参道のカフェでイベントを毎月やっていたんですね。そこで共通の知り合いもいて、めいさんが気にかけてくださったんです。昨年、「True Nature」の関係者が集まるお花見で初めてめいさんとお話したのですが、それまでは雲の上の憧れの人でした。昔からYoginiも読んでいたし、文章も素敵だし・・・実在するのかな?と思うくらい(笑)。
なので、声がかかったときは本当にびっくりしちゃいました。「どうして私!?」と、不思議で仕方なかったですね。でも、すっごく嬉しかったです。他にもたくさんのヨガ講師がいる中で、気にかけていただいていたことも、お誘いいただいたことも・・・光栄に思ってます。

―vedaに最初に訪れたときの、第一印象はどのようなものでしたか?

めいさんっぽい!と思いました。透明感があって、芯のある、色に例えると白のイメージ・・・神聖な感じだけれど、おしゃれ心もあって。優しさと厳しさが共存しているような、そんなスタジオですよね☆

―vedaでさやか先生のクラス(火曜日の午前と月に一度のキャンドルナイトヨガ)が始まってから、1年ほどが経ちました。午前のクラスと、10月から新しく始まった夜のクラスの違いはどのようなところですか?

夜のクラスでは、みなさんがお家に帰ってぐっすり眠れますように・・・という祈りを込めています!

特にポーズを緩くする、という訳ではありませんが、いきなりシルシャーサナに入るのではなく、最初にストレッチを入れて体をほぐしてもらったりします。また、シヴァナンダヨガでは普通、音楽はかけませんが、夜のクラスでは最後のシャバーサナで音楽をかけたりもしています。

―いつも素敵な音楽ですよね!そしてさやか先生の唱える美しいマントラを聴くだけでも、とっても癒されてます♡
さて、月に一度のワークショップ『心の太陽を灯すキャンドルナイト・ヨガ』の特徴も教えていただけますか?

このワークショップでは、シヴァナンダヨガを主流にはしていますが、ストレッチ要素をさらに増やし、体の節々に溜まっているものが流れるようにしています。

シヴァナンダヨガは総合的なヨガと言われていて、特定の一つのポーズをやったから気持ちが良かった、というのではなく、全部のポーズを終えると、スッと背骨に一本通るものができ、スッキリするというものです。
一方、キャンドルナイトヨガでは、全身も動かしますが、体の一部分にフォーカスしてシークエンスを組んだりしています。月によって「肩」だったり「股関節」というように、テーマを毎月変えています。

IMG_2574

―そしてヨガの後には、楽しいおしゃべり&おやつタイムですよね!

そう、このワークショップは、私の中ではコミュニティクラスなんです!みなさんにとって月に一度のお楽しみ会になるといいなと思っています。普段なかなか会うことのできない異業種の方々と、ヨガの後にはわいわい楽しく、美味しいおやつを食べながらおしゃべりをして、ストレスを発散して・・・みなさんの本来の元気を取り戻してほしいですね。「ああ、楽しかった!」と言ってもらえるような時間になることを目指しています。そこが『心の太陽を灯す』というタイトルに込めた思いです。
みなさんとの交流を通して、私もみなさんから元気をもらっています。これって、プラーナの交換ですよね!本当に良いお仕事だと思ってます。

IMG_2940

―ヨガの先生というお仕事をされる以前は、どんなことをされていたのでしょうか?

私はヨガ講師になる直前、ジュエリーブランドをプロデュースしていました。この業界って、夏に冬のことを考えて、冬になったら夏のことを考えて・・・と、未来のことばかり考えているので、今どうしたいのか、よく分からなくなってしまって・・・。自分のブランドなので、自分で在庫を持って、常に何かを抱えている状態でした。そういうことに疲れてしまったのです。

でも、ヨガの先生というのは、自分の勉強したこと、目には見えない智恵をアウトプットすることで仕事になっていきますよね。健康であればいつでもみなさんにお伝えできるというのが、すごく素敵なお仕事だなと思います。智恵には形がないので、在庫も持たずにいられるわけです(笑)。

―確かにそうですね!

それまでは「仕事は仕事、プライベートはプライベート」でしたが、ヨガ講師というのは私にとって、ライフスタイルとワークスタイルが一致しているものなんです。それが自分にとって、すごくバランスが良いことに気づきました。
例えばインドへ旅行して、ヨガの勉強をすることが全く苦じゃない。ヨガが好きだからです。また、普段から哲学の本を読みますが、これも楽しいから読んでいる訳です。早く土日にならないかな~と、週末を楽しみにするのではなく、毎日が常に仕事であり、楽しみであるという、最高のお仕事です!

―先生にとってヨガ講師という職業は天職なのですね!
いろいろ伺ってきましたが、最後に、ヨガをこれから始めようかな、と思っている方々へメッセージをお願いします。

やりたいと思うことは、行動に移した方が、人生は楽しく豊かになると思います。
みんなで楽しく、新しいことに挑戦してみませんか?
是非スタジオでお会いできるのを楽しみにしています!

―素敵なメッセージをありがとうございました!

*** 

いつも元気で誰にでも気さくに声をかけてくれるさやか先生。
とても明るい現代女性のイメージですが、そんな中で伝統的なシヴァナンダヨガのメソッドを忠実に教えてくださっています。

是非、スケジュールを合わせていただきながら、さやか先生のクラスも狙ってください☆

毎週火曜:10:30-12:00「シヴァナンダヨガ基礎」
毎週木曜:19:30-20:45「イブニングヨガ〜シヴァナンダ」
※ただし、木曜毎月1回はワークショップ開催!
11/27(木)、12/25(木) 19:30-21:30「心の太陽を灯すキャンドルナイト・ヨガ」

ご参加お待ちしています!

IMG_2592

written by fuyuna

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01