『陰ヨガ・陽ヨガ・調和のヨガ Vol.12』by 桶田弥里

line01

普段お会いしていない方からも「ブログ読んでいます」を声をかけて頂く事があります。
ありがとうございます!

読んでくださる方がいることが励みになりますし、
こうしてクラス以外でもブログを通して皆さんとつながりを感じられることはとても嬉しいことです。
どうもありがとうございます!

***

先日、「フライデーvedaナイト」の担当をさせていただきました。

陰陽論をどのように皆さんの生活に活かしていただけるか、それぞれのバランスを探ることをテーマに内容を組み立ててみました。

その内容の中で、是非皆さんにもお伝えできたらと思うことがあるので、
ここで記しておきたいと思います。

***

皆さんは話し上手ですか?
聞き上手ですか?

例えば大事な人を思い浮かべてください。
ご自分のことその方に話していますか?
その方の話を聞いていますか?

ここでは、話すことを自分の内から外に出す動きとして「陽」。
聞くことは自分の内側に入れることという動きで「陰」として考えてみます。

そういえば、
話してばかりだなーと思う方は、是非周りの方の話を聞き出すことをしてみてください。
聞き役ばかりだなーと思う方は、是非ご自分のこと話してみてください。

陰陽でいえば全てはバランスです。
どちらも重要なのですね。

 

そしてもうひとつ。

与えていますか?
受け取っていますか?

こちらも陰陽の動きとして、与えることを「陽」、受け取ることを「陰」として考えています。

多くの人は「何かしてあげよう」という気持ちには意識がいくかもしれません。
でも、それと同じようにちゃんと受け取っているでしょうか
人が好意でしてくれたこととか、言ってくれた言葉とか、笑顔とか。

日本の文化として謙遜したり、礼儀の一貫として一度好意を断るということもありますね。
文化なのでそれ自体を否定するわけではありませんが、そのやり方もあると思います。

「いえ、そんなことありません」
「たいしたことではありません」

相手の言ってくれた言葉を否定してしまったり、
嬉しかったのにちゃんとありがとうが言えなかったり。

是非「与えたい」と思った相手の気持ちを大事にできるといいですね。
私も受け取り下手ですが、ちゃんと受け取ることもとっても大事だと思っています。
なぜなら、ちゃんと受け取ることが与えることにも繋がるからです。

これもバランスがとても大事です。
一方的に与えるのもバランスが崩れて独りよがりになりますし、
相手の気持ちを考えず受け取るのが当たり前になると傲慢になります。

ここで重要なのは、自分のことばかりでなく、
相手とのコミュニケーションも関わってくるという点です。

「与える」ということは、その先に相手がいることだし、
「話を聞く」というのも、話をする相手がいます。

IMG_2681

陰陽のバランスというのは、自分の枠にとどまらず、それが自然に人とのバランスに繋がっているのが面白いところです。

私たちは1人では生きていけません。必ず人(社会や環境も含む)とのつながりの中でバランスをとって生きているのです。

自分の中でのバランスを変えたら、もしかしたら相手とのバランスがまた新しいものになるかもしれません。
そうして私たちは大小さまざまなゆらぎの中で、その都度バランスをとりながら循環し成長しています。

何か停滞したとき、また変化したいとき、
すぐできるこれらのことを思い出して頂けたらと思います。

聞いていますか?
話していますか?

与えていますか?
受け取っていますか?

陰陽はコミュニケーションの中にも見い出すことができるのです。

written by misato

***

弥里先生のレギュラークラス『イブニングヨガ〜陰ヨガ』は「毎週火曜19:30-20:45」に開催中!

※4/4(月)も代講にてクラスを行っていただきますので是非☆

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01