4/23(土)麻矢先生と!とっても愉快な「vedaコミュニティ」レポート!

line01

麻矢先生がこの日のためにみんなに「ビンディー」(インド女性が額に貼る飾り)をご用意くださり、アーサナ研究所に参加した方も一緒にパシャリ☆(VEDRUSS率多し!)
今回のコミュニティは、南インドカレーを美味しくいただきながら、笑いあふれる楽しい時間でした♪

IMG_6917

本当に麻矢先生は話題が豊富!そして面白い!!
アシュタンガヨガ歴まもなく17年!
10年前からインドに通っているというご経験からも、次から次へのいろんな話題をご提供くださいました。
(そのせいで麻矢先生だけ最後までカレーを食べていました^^;;)

麻矢先生は、ご自慢のパンジャビドレスで登場!
率先してみなさんに食事を取り分けていただき、一気にインドモードへ連れて行ってくださいました☆

maya

vedaではすっかりおなじみ「beet eat」さんのカレーは、この日のために南インド仕様。麻矢先生の大好きなラッサム&サンバルに加えて、お米はバスマティライスで。
「右手で食べる」ことにチャレンジした方も多数いらっしゃいました!

FullSizeRender-29

話題は、インド・マイソールでの練習に関することから、インド生活の1日の様子、そしてインド文化の変遷や、暮らしに関わることなど、本当に多岐に渡り、みなさんも興味津々でいろんな質問を加えながら、話が絶えることなくあっという間の90分でした♪

IMG_6906

そしてその後は、麻矢先生のワークショップ『アーサナ研究所』へ。 
テーマは「女性らしくアシュタンガヨガを深めよう」。

IMG_6919

こちらの時間は特にアシュタンガヨガの練習に関することを。
麻矢先生ご自身の経験から、女性特有のカラダの変化にどう対応していくか、年代に合わせて、時期に合わせて、生理前後の練習など、さまざまな視点から語っていただきました。

IMG_6928

ここでも笑いの時間が多かったですね。それがまた雰囲気を和ませ、女性らしい緩やかな空気になっていきます。
「とにかくがんばりすぎないこと。」
「呼吸が気持ち良いこと。それだけで十分。」
そんな言葉が飛び交います。

そして麻矢先生の真骨頂。身体を緩めるバンダの使い方。
実際どんな感じになっているか触れてもらいながら、みなさんに実感していただきました。
「わぁーー!」と感嘆の声が響きます。

IMG_6931

アシュタンガヨガの教えに忠実にいながらも、ご自身の身体の感覚をとても大事にされて培ってきた経験は、何よりも貴重で説得力があります。
そして、「その人それぞれの気持ち良いところ、それを探しながら、少しずつでも続けていくことが一番の近道。」と麻矢先生。

IMG_6936

今日もまた多くの方が、アシュタンガヨガに対する意識がとても楽なものに変わったのではないかと思います。

麻矢先生&ご参加のみなさん、ありがとうございました☆

次回の『アーサナ研究所』は、
5/5(木祝)13:30-15:00「今こそヴィンヤーサを極めよう」と題して、何度でも聞きたいヴィンヤーサのコツを紐解いていただきます。

日頃の練習をより快適なものにしたい方は、是非麻矢先生のところへ!
超オススメです♪

written by orie

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01