Winter Yoga

冬のヨガが最高なワケ&冬ヨガプラクティスのコツ

line01

寒い。

布団から出たくない。

カラダが動かない。

 

わかります。

冬時期、ヨガや運動がやりにくいと感じる理由のさまざま。

 

それでも、

体験者にしか語ることのできない、冬時期のヨガが素晴らしいワケが、たくさんあるのです。

 

今日は、そんなリストをみなさんとshare

 

 

 

 

冬のヨガが最高なワケ

堂々の1位は

 

1)新陳代謝アップに絶対的な効果!ダイエットに効く!

 

そうなんです。

ボディメイキングのためにヨガを取り入れる方は特に、春先ぐらいになって「さぁ、運動頑張らなきゃ」と考えるのですが、その頃にはすでに楽々ゾーンに入っているのが、冬季に怠けずにちょっとずつでも運動を取り入れていた人。確かに、冬は気温が低いだけカラダが硬かったり動きにくかったりするのですが、無理しなくても、この時期に少しずつ動いて、血液や気の巡りを循環させておく程度でOK。実はこれだけでも、カラダが冬眠モードに入らないよう歯止めをかけ、新陳代謝アップにつながるのです。つまり、「脱メタボ・ウィンター」。

 

2)さようなら冷え性

 

わたしこそ、その昔は手足の末端がしびれてしまうほどの酷い冷え性でした。

しかし、こればかりはいいことがない症状です。冷え性と、冷えに関連する生理不順、疲れ、肌荒れ、肩こりなど、絶えない困った症状に悩む女性には、効率よく全身の巡りをよくするヨガが即効効きます。

 

3)脱ウィンター・ブルース

 

冬になると、気分も落ちる。。

そんな人にwinter yogaをオススメしたいです。特には太陽礼拝のプラクティスがオススメ。的確に呼吸のリズムと合わせた前屈・後屈運動は、腰回りに集中している自律神経のセンターを上手に刺激します。何気な~く毎朝数回取り入れているだけでも、じわじわと気分の安定に貢献してくれること間違いなし。

 

4)深呼吸で美しく

 

夏生まれのわたしはやっぱり、寒さ自体はそんなに得意ではないのですが、それでも冬の大好きなことと言えば、息を吸った時の呼吸がひんやりとクリアーで美味しいこと!ヨガ効果で常日頃の呼吸を一層美味しく味わいましょう。

 

5)瞑想的

 

布団からなかなか出づらいからこそ、一度プラクティスを始めてしまえば、それだけ静かなエナジーが強く、プラクティスが瞑想的になりやすい時期です。早朝なら、辺りはいつも以上に暗いかも?!暗い中だからこそ、意識も静かなまま、集中力や内観意識が高まりやすいのが冬ヨガのspecialなポイント。

 

 

冬ヨガプラクティスのコツ

 冬ヨガプラクティスの90%は、布団から出ることです!!と言っても過言ではないほど、ここには大きな葛藤がありますね。

それでも怠けず、この冬有効なプラクティスを重ねられるよう、冬ヨガプラクティスのコツをお伝えしましょう。

 

1)目覚ましは2個(笑。早起きの多いわたしだって、未だに毎日これが基本です) 

2)スヌーズは1回まで(と、心に決めて寝つきましょう)

3)お目覚めと同時に「気合」を

4)ベッドの側に暖かい服。とにかくなんとかマットにたどり着くまでの道のりをなるべく暖かくしましょう 

5)熱いシャワーへ直行。ここまで行けたら、もう大丈夫

6)練習部屋はヒーターのタイマーで予め温めておくこと

7) それでもマットに立った時にどうしてもカラダが動きにくいと感じる冬の朝は、胸を大きく開く動作と呼吸法を始めに取り入れるのが絶対的に効果的。呼吸が入るようになった頃には、血液と酸素が巡り、だいぶ動きやすくなるはず

xx written by mae.
Photo by Issa

 

 

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01