PRE-MATERNITY YOGA❤︎

プレ・マタニティヨガ!6月のキャンペーン情報&めい先生突撃インタビュー

line01

6月1日開始!!vedaプレ・マタニティキャンペーン情報は文末に】

 

世間ではすっかり「マタニティヨガ」という言葉が定着している一方で、健康な妊婦生活、そして快適な産後の回復を目指すなら絶対に「プレ・マタニティヨガ」がオススメというめい先生のinstagramの投稿を見たのはつい先日。

 

「プレ・マタニティ」というのは将来妊娠を望むすべての女性のこと。

めい先生が多くの女性に知ってほしいと言うプレマタニティヨガについて、vedaスタッフの中でも一番年下でヨガ初心者のhanako現在2人目を妊娠中のめい先生に突撃インタビューをしました!

 

H(hanako):まず、めい先生がヨガに出会ったきっかけを改めて教えてくださいますか?

M(めい先生):私がヨガに出会ったのは21歳の頃。当時、冷え・肌荒れ・不眠に悩んでいて、薬に頼らずとにかく健康になりたい一心で色々と調べた結果、ヨガに行き着きました。練習を日々続けていく中で、骨盤底筋を意識することを覚え、そこからへそ下の丹田、みぞおち、胸の中心からノドの中心を通って頭のてっぺんまで、自分の中にまっすぐな強い軸ができていくのを感じるようになりました。

この軸がエネルギーの基本軸になり、姿勢はもちろん、脳への気の巡りもよくなり、どんどん元気になっていきました。私は、そこから「どこまで健康になれるか」を追求した時期があったのですが、そんな中、自分としても今までの人生の中で一番健康だなと思っている時に第一子を妊娠したんです。

 

H:めい先生の第一子のマタニティライフはどんな感じだったのですか?

M:ヨガのプラクティスをすでに7,8年している時に妊娠し、トラブルはゼロ!人並みのつわりはありましたが、むくみもなかったし、切迫早産気味にもなりませんでした。妊娠中にインドにも行って練習期間を持ち、その後も38週くらいまでは割と余裕気分で過ごしていました(笑)。妊娠前も妊娠中もヨガのプラクティスを続けて日々自分の身体と向き合っていたことで、身体との信頼関係がしっかりとできているように感じられる、ハッピーなマタニティライフでした。

 

H:出産した後には、ヨガをやっていてよかったと思うことはありましたか?

M:出産は、どんなにヨガの練習をして軸ができていたとしても、産み落とすその瞬間に何もかもが崩壊される感覚がありました。けれど、女性の身体は本当に素晴らしくて、崩壊した身体は元に戻ろうとする回復力も備えているのです。まるでゴムが伸びて縮むように、広がった骨盤は縮むし、肥大した子宮は収縮する。産後およそ6-9ヶ月ほどの修復期間ですが、その期間をうまく使うことで、元よりも強く美しく作り直すチャンスもいただくのです。私は出産前にヨガで身体の基礎づくりができていたから、身体が細胞記憶で覚えていたと感じられるぐらい、比較的サクセスフルにこの修復期間を使うことができたと思っています。出産後プラクティスを少しずつ再開していく中で、自分自身の中心の軸(=ムーラバンダ)が出産前よりもさらに強くなっていくのを感じ、自分にこんな力が備わっていたことに深く感銘を受けたのと同時に、ヨガをやっていてよかったなと思いました!

veda15312

H:最近では以前より年齢を重ねてから出産を迎える方々も多いようですが、そのような方々にもプラスになるんですか?

M:もちろんです!!私はそのような方々こそもっとヨガに触れてほしいと思うの。そもそも年齢を重ねるということは、お産に関わらない時でも筋力は低下するし、怪我をしても治るまでに時間がかかるようになります。高齢出産をすると、産後の回復も時間はかかるし、その分身体への負担も大きいでしょう。けれど、妊娠・出産前から基礎カラダづくりをして、身体の軸をしっかり記憶させておくことができたなら、その後の身体の反応や回復力も良くなるでしょう。また、そこから50代60代とあるさらに年齢を重ねていっても芯の強さやしなやかさ、そして美しさも保たれやすく、これは更年期の症状を和らげるのにも大いに役立つことなのです。

 

H:女性の身体って本当にすごいんですね!軸を作ってくことの大切さはとってもよくわかりました!
ところで、出産後に初めてヨガをしてみようという方にはどのようにヨガを取り入れることをオススメしますか?

M:お産って、自分の身体の内部や中心軸と嫌でも触れなければならない期間です。なので、お産をきっかけに、もう一度身体を作りなおす、新たな自分の身体に出会いにいくような思いで、是非ヨガに取り組んでいただきたいと思います。ヨガは何歳になっても始められるし、スタートさせたいと思ったその瞬間がベストタイミングです。「遅すぎる」なんてことはないので、諦めずに、美しく整った軸の自分に出会いにいきましょう!

 

H:本当に、正しい知識を身につけてくことが大切なんですね。
妊娠前にヨガをスタートさせようとしたらどれくらいのペースで取り組んでいったら良いのですか?

M:そうですね、ただ考えたり、知識を得るというより、何より実践として姿勢の軸、そして骨盤底筋群を意識することにヨガが本当に役立ちます。週に1,2回というよりは、たとえ1回が15〜20分という短いものであっても週に3,4回、週の半分以上やっていることで身体はすぐに反応し、基礎カラダづくりに拍車がかかるでしょう。

 

H:めい先生はヨガが健康なマタニティライフ、そして産後の快適な身体の回復にこんなにも影響することは産前から知っていたんですか?

M:私は第一子の妊娠と出産を経験した中で気づいていったので、出産前は全く知りませんでした。産後の期間は大変なショックの時でした。女性の身体の軸が緩んでしまってうまく機能していない場合は弊害がたくさんあるということを産後に助産師さんから聞き、出産を体験するまで知らなかった自分の身体のこと、お産という仕組みのこと、そして性のこと。 なんでもっと早く教えてくれなかったの!?」って強く思いました。このことは6/24のワークショップでたーっぷりお話したいと思っています。

妊娠・出産ってすごくパーソナルな話ですし、日本人の女性はこういう話題をあまりシェアしない傾向にあります。しかし、こういう知識こそ、一人で調べたり、本などの材料を参考にするより、周りの人の実体験から聞いて学んだ方がたくさんの実用的なヒントがあるんです。ヨガスタジオに集う仲間たちや女性のコミュニティを通してこのような実用的なヒントをたくさん共有していけるといいですね。

_MG_8695

めい先生は、不安定な心身のバランスや、生理不順などで悩んでいる女性には特にヨガを勧めたいと話していました。早すぎる準備なんてないんですね…と、お産の重大性を聞いて改めて思いました。めい先生は、女性の「基礎カラダづくり」のために、時間はちょっとずつでも、できれば頻度は3.4以上取りいれることで、最も効果的な体質改善、そして妊娠準備につながるとおっしゃっていました。

 

そこでvedaでは、すべての女性に送る「プレマタニティキャンペーンを実施します!

 

めい先生が勧める3,4回のヨガをvedaマイソール」という最も伝統的なスタイルで、自分のリズムでスタートするのはいかがですか。まったくの初心者から対応している、本格的だけどやさしいクラスです。

 

めい先生の十数年にわたるヨガライフの中では、マイソールクラスを通して、何年も不妊に悩んでいた方が妊娠したケースも多々あるそうでさらに、アトピーや花粉症などのアレルギー体質に悩んでいた方が克服するなど、基礎的な体質改善を果たすのに最も効果的なのがマイソールクラスと確信されているそうです☺

 

やーしかし、女性の身体は神秘ですね。。自分の身体のことのはずなのに、人から話を聞いて知ってビックリするようなことばかり。持つべきものは、「良き女子仲間、そして先輩たち」なぁーんてつくづく思ったのでした。

 

このインスピレーションをきっかけに、自分もさらなるバージョンアップ目指して、ヨガは超初心者だけど、考えているよりはまずは行動に移して始めてみよう!と心から思えました。みなさんもぜひこのお得なキャンペーンの機会にどうぞ!

 

<プレマタニティ・キャンペーン>

対象者:
▪2017年6月中にvedaメンバー(ゴールド/シルバー/オールマイティ)へ新規登録いただいた女性。
▪すでにvedaメンバーご登録済みの方で、この機会に初めて「マイソールパス」をご購入いただく女性。

キャンペーン内容:
6月〜8月の3ヶ月間
「マイソールパス」(マンスリーパス/週3パス)が20%OFF!

購入方法:veda受付にて、スタッフにお声かけください☆
(WEB上のメンバーショップでは対応しておりませんので、ご注意ください。)

mysore2

キャンペーンやマイソールクラスについてなど、気になる方はお気軽にスタジオまでお問い合わせください。
03-6447-1502 OR お問合せフォームはコチラ↩

 

TOP Photo by Y.Ozawa, YOGINI magazine, 2009. 
雑誌ヨギーニのバックナンバーは yogini.jp/number 

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01