Change Your Priorities, Change Your Life.

優先順位をストレートに

line01

「優先順位を変えると、人生が変わる」

これは、つい先日姉との会話の中で出てきた言葉です。

みなさんは、普段の生活の中で「お買い物リスト」や「To Do リスト(やることリスト)」をつくることがありますか?

 

ちょっとしたことを忘れないようにチェックリストを使うことは、多くの人の生活の一部になっているかと思います。それはそれで大事なことだけど、フと考えてみると… 小さなことにばかりに焦点を合わせていて、大きなことについてはまったく考えていなかった、、なんてことがあるかと思うのです。

では「大きなこと」というのは、いったい何なのでしょうか?

 

実はこのようなことは、ヨガの哲学的な教えでも必ず出てくることで、避けられないことなのですが、わたし達現代人にとってわかりやすく、かつパーソナルに「大きなこと」について熟考できるように、ひとつ簡単なイメージトレーニングをオススメしたいと思います。

まず、
「いつか」そして「どうやって」かはわからないのですが…、

自分が死ぬ時をイメージしてみてください。

そっと静かに座って、目を閉じて。
少々恐いかもしれないけれど、本気でイメージしてみてください。

もう、今生の自分の人生が終わろうとしている。
その最後の瞬間に、あなたは振り返って、人生において「こういうことは本当に大事だった」と感じることは、いったいどのようなことでしょうか?

死についてイメージすることは、今生のカラダとのお別れを意味することであり、かえってカラダが媒体として生かされてきた魂の旅路やその旅路において学びたかったこと、実現したかったこと、体験したかったことが浮き彫りになって出てくるのではないかと思うのです。

出てくることがあれば、ぜひペンを取ってノートに書き記してみてください。

 

次に、それをもとに、今現在の自分の暮らしや生き方の「優先順位」をつけるように、

「本当に大事だった」リストを参考に、本当に大切なこと(要素)を優先して生きること、
またそのために必要なことについて考えてみましょう。

これがわたしが思う「優先順位を変えること」です。

 

人生や生き方… つまり、ライフスタイルすべてのことを、外側から概念的に変えようとしなくても、自分の核心をつくような、「優先順位を変える」エクササイズ。

 

ぜひみなさんもトライしてみてください。

ちょっとのことですが、静かに座って、本気でできたら、ものすごくパワフルなエクササイズです。その後は、他に何も変えようとしなくても、すべてはその核心からの意思の移行に伴い、自動的に流れが変わってゆくことでしょう。

みなさんご自身の目で観ている、世界そのものが違って観えてくることでしょう。

そして、もしみなさんの中で実践後に変わったことがあったなら、
周りの方、お友達、大切な人とぜひ、シェアしてみてくださいね。

coffee-cup-desk-pen

 

written by mae.

※このエッセイは、以前「MVM」というveda発信のコミュニティ・メルマガで配信したエッセイの再掲載です。MVMはこの春終了いたしました。長年のみなさまのlove&supportをありがとうございました:)

TAGGED : , , , , , , , , , , ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01