04-IMG_6385

YOGA and SPORTS

ヨガとスポーツの違い

line01

ある日、友人との会話であがったこと。

「ねーねー、オリンピックって水球とか射撃とかカーリングとか… 結構マイナーっぽいスポーツの競技があるけれど、なんでヨガはないの?」と聞かれたのです。

ゴメンネ… 水球とか射撃とかカーリングの愛好家たち… と内心思いながらも、確かにこういうスポーツって、やっている人の人口が比較的少ない種類のスポーツで、そういう意味でマイナーなのかも、と思ったのです。

見たこと、やったことのある人が年々増えているヨガは、その点世界的に見てもとても人口の多いアクティビティになりました。しかし、みなさんご存知のとおり、ヨガは本来競い合うものではありません。従って、オリンピック競技として他のスポーツと並ぶことは今後も難しいのかな~、とわたしは思いました。(最も、ヨガでも世界的な大会はすでに開催されていますが。。)

ただ、次にわたしが考えたのは、

「ヨガはすべてのスポーツのアスリートに役立つ」

ということ。わたしが直接指導したことのあるプロアスリートの中には、サッカー、野球、フィギュアスケート、シンクロナイズド・スイミングの選手や格闘家がいます。ありとあらゆる部門のアスリートたちが、みな何かヨガのトレーニングから得るものがあるのです。

 

IMG_9618

PROサッカー、内田篤人選手と☺︎

IMG_3786

元大関、現総合格闘家、把瑠都選手と☺︎

 

だとしたら、ヨガはオリンピックの競技の一つとして確立されなくても、オリンピック選手を養成する学校のプログラムにぜひ取り入れられるべきだ!と思ったのです☆

インド由来のスピリチュアルを含むプラクティスとして、ヨガは「スポーツ」とはちょっと違う側面を含むけれど、スポーツの近くにある「ヨガ」。アスリートでも一般人でも、健康状態やコンディショニングを高め、また本業や普段の生活の質的な向上に大いに役に立つ、心とカラダと精神を包括的に捉えるプラクティスがヨガにあります。

ぜひとも中途半端にアレンジしたり、”スポーツやエクササイズ化”しない、本来のプラクティスの在り方として、正しく世に広めていきたいですね。

 

written by mae.

※このエッセイは、以前「MVM」というveda発信のコミュニティ・メルマガで配信したエッセイの再掲載です。MVMはこの春終了いたしました。長年のみなさまのlove&supportをありがとうございました:)

 

MAIN PHOTO by Y.Ozawa, いつの日かのYOGINI magazine @ヒマラヤ山脈 Poon Hill. 

TAGGED : , , , , , , , , , , , ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01