A17I5139のコピー

Comfortable Backbend

6/24(SUN)『陰ヨガでできるカラダの基礎づくり』 「もっと気持ちよいバックベンドを!」 by 桶田弥里

line01

「腰が痛そう」「後ろに反るのが恐い」「息が詰まる」、、。

バックベンドにはそんな印象がありませんか?

痛みや苦しさ、恐れなどのイメージがつきまとうバックベンドには、きっとどこかに負担をかけたり、カラダの使い方がうまくできていなかったりすることが多いでしょう。

 

バックベンドも「気持ち良くできる!」そう語るのは、陰ヨガでカラダの使い方の基本を学び続けている桶田弥里。

 

陰ヨガのバックベンドは、高さにするとブロックひとつ分程度の高さですが、正しく行うと、ブリッジをするくらい非常に深いバックベンドを感じ、気持ち良さを味わうことができます。

 

ところで、私たちは何のためにバックベンドをするのでしょうか?

バックベンドは腹筋、背筋を鍛え、さらに胸を拡張するため、呼吸器系にも効くポーズだと言われていますが、バックベンドの意味を正しく理解し、必要なことや身体の構造をきちんと知ると、その効果は何倍にも増加します。

 

今、ちょっと気になった方をはじめ、こんな方にオススメです!

・腰の可動域や前腿の柔軟性だけに頼って痛みが起こってしまう方

・バックベンドに恐れのある方

・どこも痛くなく安全で、気持ちよいバックベンドができるヒントを受け取りたい方

 

もちろん、ヨガの流派に関わらず、バックベンドは練習を続けていくと必ず出会う大切なポーズ。バックベンドの意味を知って、気持ち良く快適なバックベンドを手に入れませんか?

A17I5116のコピー2

 

6/24(日)15:00-16:30『陰ヨガでできるカラダの基礎づくり』「もっと気持ちよいバックベンドを!」

参加費:ゲスト3,600円(ヨガワークショップ価格)

※各クラスのご予約はクラススケジュールよりどうぞ✴︎ ←

 

MAIN PHOTO by tobi watanabe

TAGGED : , , , , , , , , ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01