9/17(月祝)vedaコミュニティレポート☆

line01

季節の変わり目を迎えた祝日の夕方、vedaには続々とおなじみの面々が集まってきました。コミュニティクラス常連さん、朝マイソールメンバー、レギュラーヨガクラスメンバー、最近来始めてくださった方、、その中に新しい顔ぶれもちらほら!本当に嬉しい瞬間です☆

「vedaコミュニティ」では毎月違ったテーマでveda講師陣からのお話の機会とみなさんが集う時間を提供していますが、こうやって毎月繰り返していろんな方々にご参加いただけること、まさにvedaのコミュニティが広がっているなぁと実感しております。ありがとうございます。

さて、今回のテーマは吉川めい先生による「Journey to INDIA」。

いつもながら初めてお越しいただいた方のためにも、めい先生がここ「veda」をつくった目的と想いからお話しいただき、話は「YOGA」について、そしてここで提供している「アシュタンガヨガ」についてと進んでいきます。

そのアシュタンガヨガとの出会いから、めい先生がなぜインドを目指すようになったか、2004年に初めてインドへ行ったときの話からここまで毎年インドへ行くようになったことについて、「グル(師)」との関わりを中心にお話いただきました。

インドのことを話すときのめい先生は本当に楽しそう!
本当にヨガが好きで、インドが好きなんだなぁと改めて思います☆

インドでは、日本での常識なんてまったく通用しないこと、私たちが当然、正しい、大切と思っていることが、インドではまったく重要ではなかったり。そんなお話を聞く度に、ものごとや考え方の価値や意味を考えさせられます。でも頭で考えるのではなく、心で感じられるかどうか、そんなことをヨガは教えてくれるんですね。

アシュタンガヨガの源は、インド・マイソール。(この街はインドの「ビバリーヒルズ」だそうです!結構都会です。)
そこにシャラを構えためい先生のグル、故シュリ・K・パタビジョイス師。
その源泉に触れ続けてきためい先生だからこそ、伝統に忠実な教えを広めようとしてくださっています。
そのめい先生が作り育てつつある日本での拠点「veda」。
先生の、そのまっすぐでピュアな想いが詰まっているクラスの数々。

これらのインドのエッセンスが、みなさんのハートを通して、より広がっていくことを感じさせる、素敵なコミュニティクラスになりました。
最後は全員で「Om」のチャンティングです。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。
是非またさまざまなクラスでお会いできることを楽しみにしています☆

そして、来月の「vedaコミュニティ」もインドの源泉に触れます!

10月8日(月祝)17:00-18:00『南インド流アシュタンガヨガマイソールクラスについて』

先日発表させていただいたとおり、11月より早朝マイソールクラスが「vedaマイソール」としてリニューアルいたします!
これを機会に改めて吉川めい先生より、インドのマイソールで行われている、この伝統的なクラスがどのようなものかを実体験を通してお伝えいただきます。

11月からマイソールクラスデビューを考えている方々も、是非この機会にお話を聴きにいらしてください☆ お待ちしています!

written by orie

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01