A17I5147のコピー2

Practice with Minimum Power

11/4(SUN)15:00-16:30 『陰ヨガでできるカラダの基礎づくり』 「最小限の筋力で練習するには」 by 桶田弥里

line01

陰ヨガでは「最小限の筋力でアーサナをとる」と言われますが、「最小限」とはどのようなものでしょうか。

 

ここでのポイントは、拇指球をしっかりと踏みながらも骨盤周りを固めないこと。
拇指球とは、足の裏の第1指の付け根下付近にある、肉が盛り上がっている場所で、陰ヨガではよく意識を向ける大切なところです。

 

一方、骨盤周りを固めてしまうことは、「内側のフロー(ヴィンヤーサ)がなくなっている」状態で、気の流れや血流を滞らせてしまうことにも関係します。その滞りは、身体の不調を招いてしまう大きな原因になるのです。

 

拇指球を踏みながら骨盤周りを固めないという良い状態は、やっかいなことに、全身が力んでいる状態や関節などに寄りかかっている状態と、見た目の形はあまり違わないのですが、終わった後の感覚や、身体に与える影響が格段に異なります!正しいポジションを学ぶことが、その効果を最大限に得るためにもとても大切であるといえるでしょう。

 

ヨガをしたあと疲れてしまうという方、多いのではないでしょうか?

そんな方は是非、この「最小限の筋力でアーサナをとる」という、軽い身体の使い方を身につけてみませんか?

 

A17I5149のコピー

 

11/4(日)15:00-16:30『陰ヨガでできるカラダの基礎づくり』「最小限の筋力で練習するには」

参加費:ゲスト3,600円(ヨガワークショップ価格)

※各クラスのご予約はクラススケジュールよりどうぞ✴︎ ←

TAGGED : , , , , , , , , ,

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01