「吉川めい YOGA インテンシブ・スタディ・サークル(ISC)」説明会レポート☆

line01

1月27日10:00 コンセプトスタジオvedaにて

veda初の集中講座、
インテンシブ・スタディ・サークル(以下、ISC)の説明会を行いました。
皆さん、お待ちかねだったこの説明会。

予約不要ということで、いったいどのくらいの人数になるのか、当日まで全く予想がつきませんでした。

「おはよう、久しぶりー!!」といった和やかな挨拶。なじみの顔ぶれ。
また、緊張した様子でいらっしゃる初めての方。いろんな挨拶が入口で交わされます。

始まる直前にも続々と人が集まって、いつの間にかスタジオはパンパンに。
なんと総勢52名の方々がいらっしゃいました。今日はその説明会のまとめと補足をUPします。

まずは、冒頭にあった吉川めい先生からのメッセージをどうぞ。

「まず、こんなに大勢の方が来てくださったことに、とても、とても驚いています。なぜなら、このコースは、1生徒としてヨガを深めることを目的としており、一般的なティーチャーズ・トレーニング(指導者養成)など、認定を目的としたものとは違うからです。

真摯にヨガと向き合って、ヨガを取り入れていきたいと感じている方がこんなにたくさん集まってくださったこと。すごく光栄ですし、本当にびっくりしています。

ISCでは、正しい情報を覚えることや内容の暗記よりも、ヨガの考え、学びを「自分のもの」として身につけること。経験を深めるためにみんなが集まることを目的としています。

私はこの場所では指導者という立場ですが、自分の経験から、学び、確かめたことしか皆さんとシェアすることがきないことを知っています。また、当然それがすべてとは思っていません。
私は今の自分にとって、真実として響くことを分かち合うことしかできないので、みなさんも、一人の生徒として、それぞれの情報を鵜呑みにせず、疑うところは疑い、チャレンジするところはチャレンジして、自分のものとして、噛み砕いて頂きたいと思います。

チャレンジすることで、これまで抱いてきた、本当は本当ではないかもしれない見方や観念を再検討したり、古い不必要なものから卒業して、心身ともに浄化を進め、古い自分には見えなかった、新しい世界、新しい生き方へと広がる、変化のきっかけを、一緒に見つけていきたいと思います。」

続いて、めい先生に当日お話いただいたことを、先生からの言葉のままお伝えします。

インテンシブ・スタディ・サークル(ISC)の目的、背景

「まず、今回のこのコースでは、一般的によく開催されているティーチャーズ・トレーニング(指導者養成)とは違って、一人の生徒としてヨガを深めていくことを目的としています。

認定を目的としたティーチャーズ・トレーニングが増えていく中で、生徒の皆さんから、相談を受けることも多くなりました。
いろんな情報や方法を、大量にスピーディーに手に入れることができる利点がある一方で、それを個人で噛み砕いて理解する、消化が間に合わなくなっているのがその原因の一つです。

自分がどのように感じて、どのように考えるのか。何が今の自分に相応しいのか。ヨガの練習生にとって、その継続は常に自分のもとにあるべきだと思います。

2003年、インターナショナルヨガセンター(IYC)で試験的なティーチャーズ・トレーニングが開催され、それに参加する機会がありました。
当時、インストラクターになる意思はありませんでしたが、当時のIYCディレクターに強く勧められて参加しました。この講座では何よりも、一人だったら絶対やらなかったことに、強く背中を押されたんですね。

ヨガの古典や伝統、それについて自分がどう思っているかを仲間たちと語り合いました。
答えの出ていないことも多かったのですが、実生活の中で、ヨガの考えをどう活用するか、ヨガの練習にどう向き合うか。この経験が、自分のパワーにつながったと思います。

2011年3月にvedaをオープンし、常設クラスを持つことになったことは、生徒の皆さんにとっても、私にとっても大きな変化だったと言えます。

毎日継続することで、初めて可能になることがあります。
例えば、信頼関係。心を開くこと。
時間をかけなければ作れない関係を築き上げること。

こういったことは、人としても、ヨガの練習の中でも大切なこと。
ここvedaでも、困った時に助け合える仲間、コミュニティができました。
このあたたかい環境ができたことも、ISC開催のきっかけになりました。

vedaをオープンしたから、人と人とのつながりを大切にしてきました。
同じように、今回も、同じメンバーで、仲間と仲間の間で交換される刺激、チャレンジ、時には、ぶつかり合い、切磋琢磨していくこと。インテンシブ・スタディ・サークルを通して、こういったことが起こることを期待しています。」


インテンシブ・スタディ・サークル(ISC)で実現したいこと

「以下の10のキーワードを考えています。」
(それぞれの解説は下記にある映像をご覧ください。)

・Integration(統合)
・Leadership(リーダーシップ)
・Independence(独立心)
・Cooperation(協調性)
・Challenge(チャレンジ精神)
・Self-Reflection(内省)
・Change(変化)
・Purification(浄化)
・Deepening Understanding(理解力を深める)
・Opening(開いていくこと)


クラス内容、進め方

「実際の8回のコースの内容は、先日公開があったとおりです。(詳しい内容はこちら。)

1、ヨガとは、一体なにか?
2、チャンティング入門
3、呼吸法、調息入門
4、メディテーション入門
5、食生活
6、人と、エネルギー体
7、ダルマ、カルマ、わたし。
8、最終回

まっさらな中から選んだテーマたち。
クラスは、1時間レクチャー。
休憩をはさんで、後半で、質疑応答、実践に移るというスタイルで行います。

そして、毎回、宿題を出します。
ここが、強く、背中を押されるところですが(笑)

宿題は、レポートの他にも、実践、チャレンジなど、ちょっと変わった楽しいことを企画しています。」


Q&A

Q:アーサナの練習があまりないようですが、アーサナの練習は入りますか?

A:「アーサナについては、安定した継続的な練習が、ヨガを育む上で、最も重要な前提となっています。

ISCでは、全く初めての方が、これから安定した練習を進められるよう、初回の際に最小限の練習内容をカバーします。

インストラクターの方や、アーサナを深めたい方は、マイソールクラスでの練習を継続的にすることをお勧めします。

逆に、安定した継続性のあるプラクティスのない中でアーサナを分析をすることは、その意味に欠けてしまうと私は考えます。
クラスで詳しく知識やテクニックをカバーするよりも、いつもの練習の中で身につけていくことがベストです。
マイソールクラスでは、こういったことを最も効率よく行えるよう、グループ環境でありながらも、個別指導していくシステムがあります。」

Q:インストラクターになりたい人にも適したコースですか?

A:「インストラクターになるために最も大切なことはなんでしょうか?

一つ目が経験です。
自分の、練習生としての経験です。
深く、真摯に取り組んできた練習からなる経験。
生徒に何かを伝えるときに、頭で考えるのではなく、自分の経験を通してしか、伝えられないことがあるからです。

二つ目は、指導者としての経験です。
これには、経験の深い指導者のもとでアシスタントにつくことや、少しづつ自分で指導にあたり、経験を重ねるしかありません。

ISCでは、指導者としての認定は行わないので、認定を求めている方には適さないコースになりますが、ご自身の練習生としての経験を深めたいという方には、最もふさわしいコースになると思います。」

Q:テキストは使いますか?

A:「お勧めの文献は紹介しますが、基本的には使いません。
しかし、ISCではご自身でノートに自分の経験や学んだことを記録していただきます。
4ヶ月して、ISCが終了する頃には、大切な宝物となる、自分だけのテキストができあがることでしょう。」

Q:どうしても参加できない日程があるのですが、、、?

A:「あらかじめご相談をお願いします。
特に1回目に来られない方は、2回目までに調整をしますので、是非ご相談ください。」

 

以上、インテンシブ・スタディ・サークル(ISC)のまとめをお届けしました。
お陰様で、現在キャンセル待ちの状態となっております。
引き続き、通信環境での受講や単発参加についての詳しいご案内を近日お伝えする予定ですので、そちらも是非お楽しみに!

当日の様子は、以下に約15分の映像をリンクしていますので、再生してご覧ください☆

さて、ISCに参加される方も、されない方も、2月のvedaコミュニティはこちらも初の試み。
Movie Night !!
めい先生チョイスの映画をみんなで楽しみましょう!

written by Shioty

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01