MEDITATION

line01

IMG_0967

 

第4回のテーマは『MEDITATION  瞑想入門』です。前回、第3回では、呼吸法の実践を行い、そのまま続いて「座る・瞑想」に入り、その後にグループワークが行われました。グループワークに関する内容から第4回を始めたいと思います。

 

 

*音声ファイル、動画ファイルを再生の際はヘッドフォンの使用を推奨します。
*音量に十分ご注意下さい。
*動画ファイル再生の場合、Quick Time、もしくはMedia Playerの環境をご用意いただき、各動画のそれぞれのタイトルをクリックし、再生してください。
*実際のクラスをより忠実に再現できるよう、閲覧の際はなるべくゆっくりと聴ける環境を整え、再生を区切らず、通しでお楽しみ下さい。
*その他、うまく表示・再生されないなどの問題の改善方法は、FAQ形式で送らせていただいたメールをご参照下さい。

 

〜第4回『MEDITATION』内容〜

1、グループワーク
2、静けさの音
3、枠組みを決めない現実
4、瞑想に至る準備

  ①浄化作業

  ②環境を整える
5、宿題

*クラスの中のQ&A

 

 

1♦グループワーク♦

 

グループワークでは、以下の内容が話し合われました。

 

  • グループで「瞑想の実践」の中で感じたこと、観察したことについて。
  • 「瞑想」の時間はどれくらい(何分)と感じたか。
  • 五感の中で、自分はどの感覚人間か。日常生活において、どの感覚を一番強く使い、敏感になっているのか。(下記の音声もご参考ください。)

 

 

音声:自分の強いアンテナ(0:58)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0401.mp3|titles=自分の強いアンテナ]

 

 

IMG_0965 

IMG_0972

いかがでしょうか?みなさんの脳の中に、いろいろなものがあるということを共有出来ましたか?

 

以下に、みなさんの感想をシェアさせていただきます。

 

*みなさんの感想

グループで「瞑想の実践」の中で感じたこと、観察したことについて。

 

こちらの写真をご参照ください。

IMG_0977

 黒:イェーカム、赤:Santosha、青:あうん、緑:LOVE YOGA ♡ エナジー

 

「瞑想」の時間はどれくらい(何分)と感じたか。

  •  30分に感じた方、10分くらいに感じた方もいて様々でした。

 

五感の中で、自分はどの感覚が強い人か。

  • こちらは、グループ内でのみでの意見交換となりました。

 

 

 

音声:心の作用、気持ちを吐き出す(3:02)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0402.mp3|titles=心の作用、気持ちを吐き出す]

 

 

 

 では、先ほどの瞑想の時間ですが...

15分でした!

 

 

音声:時間(2:47)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0403.mp3|titles=時間]

 

 

それから、今日はバストリカ呼吸法を行いました。

終わった後、そのまま瞑想に入りましたが、どんな気持ちでしたか?

 

眠くなった方はいましたか?

逆に、明るくなったり、覚める感じがあった方はいますか?

どちらかと言うと、覚醒、目が覚める感じだったのではないでしょうか?

こういった呼吸法は、元気がない時、やる気がない時、眠たい時、今日はもう一歩欲しい、もうひと波欲しい!という時に取り入れると良いです。気の巡りとしては、エンジンをかけるように活性化してくれます。

 

 

 

音声:激しい呼吸法の注意(1:40)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0404_0140.mp3|titles=激しい呼吸法の注意]

 

 

その後、座っている時に、目を閉じて座っていたので、まぶたは閉じた状態だったと思います。でも、寝てはいないのに、「まだかな?まだ終わらないかな?」と思っていた方たち、20分以上座っているように感じていた方たちは、気が付いたらまぶたがピクピクしていませんでしたか?

 

私は最後の1分半、目を開けてみなさんの様子を観察していたのですが、まぶたがピクピクしていた方々がいました。

 

これは目を閉じていても、目がキョロキョロとしている状態ですね。目を閉じている状態でも、ドリシュティがキープできていないということです。

 

ドリシュティの話をしたときに、目線は意識の状態と密接な関係があるということをお伝えしましたね。

目を閉じていてもキョロキョロしているということは、意識がソワソワしているということです。こういった方々は、なかなか落ち着けないと思います。こういう場合は、まぶたを閉じていても、視線を眉間の辺り額の中心を眺めるように、シネマを観ているようにすると楽にキープできるはずです。

 

 

 

2♦静けさの音♦

 

今回のように、東京のとある一室で瞑想していると、音が聞こえますね。

下の美容院の音楽や話し声など、いろいろな音が聞こえた思います。完全に静かにはなりませんね。

 

でも、静けさのほうにチューニング、フォーカスしていくと、静けさが無音ではないということが、何となく みなさんお分かりになりますか?

 

動画:静けさの音、nada音(2:20)

 

 

nada音と同時に、どんなにガシャガシャした音が他にしていたとしても、聴こえていたとしても、同時健在なのです。音は、結局 静けさの中にあるわけですから。

 

動画(2:28)

 

 

じゃあ、どうしたらそこへ持っていきやすくなるかというと...私も分からないです。(笑)

でも大丈夫です、分からなくても、それなりにyou can feel it!

 

 

時間軸の見方(1:04)

 

 

 

 

 ここで、私の母親の話をシェアさせてください。

 

動画(3:37)

 

 

いつも、「同時健在です」とみなさんにお話していますが、人間のボディの側面とメンタルの機能とスピリットの次元が違うのです。

 

ドラえもんを観ていましたか?点があって、線があって、奥行きがあると3次元になりますよね。ドラえもんがいると4次元があるんです(笑)。次元は、実は13次元まであると言われています。でも、私たちが現実と呼んでいるのは3次元ですね。

 

答えにこだわるということではありませんが、昨日響いていた「倍音」は何次元なの?ということになるかもしれません。あるいは、時間軸で見たら、昨日は「昨日」だけれども、昨日あったあの響きは今もまだあるの?とか。また、同じ周波数がアメリカのオハイオ州にあったら、同じ瞬間に響いていたの?とか。

 

いかようにも言えるわけです。可能性や捉え方が無限にあると言えるのです。

 

 

 

3♦枠組みを決めない現実♦

 

動画:枠組みを決めない現実がある(2:05)

 

 

 

K.Tさん:僕は今めい先生がおっしゃったことにとても関心があり、介護のお仕事を続けています。僕が介護をする対象の方の現実は、僕の現実とは全く違うものなんですね。そこで、何が共通なんだろうと探したときに、そこで、患者さんと繋がっていると感じられるのは、感情や感覚の共有が起こるときなんです。その方たちは、「親と子」のような関係性がなくなってしまっている方たちなんです。でも、空を見てキレイだね、お花を見てキレイだねって感じること、うれしいねって思うことは共有できる、繋がっていると感じるんです。

 

動画:人の感情について(2:16)

 

 

  

4♦瞑想に至る準備♦

 

①浄化作業

心を静かにして瞑想状態に至るためには、先ほどお話したように、できればnada音を頼りにして、そのような状態に至ることができるといいですよね。ここからは具体的に「瞑想の準備」についてお話します。

 

瞑想の準備は、まずは浄化です。畑を耕す前に、不純物などを取り除くと同じような作業で、肉体的にも不純物を乗り除いて、浄化していくことです。これに最も適しているのが、アシュタンガ・ヴィンヤーサ・ヨガです。

 

いろいろな流派のヨガがありますが、ヴィンヤーサという流れのメソッドを用いるヨガは、私が知っている限り、何よりも即効性があります。これを、パタビジョイス氏の言葉で表すと、「ヴィンヤーサを続けることで、調息する」ということです。吸う息、吐く息を完全に調息しながら、ストレッチしていったり、芯を強化していくのです。

 

グルジ

 (シュリK. パタビジョイス氏)

 

つまり、「吸う・吐く」の陰陽、「伸ばす・縮む」の陰陽を、流れの中で継続的に続けることを、ヴィンヤーサと言います。

 

 

クリシュナマチャリア先生

 

(パタビジョイス氏の恩師であった、クリシュナマチャリア氏)

 

 

動画:”Life Is a Vinyasa”(3:27)

 

 

これは「新しいことを身に付けにいく」ということではなくて、浄化作業なのです。浄化しているということが、瞑想のための準備になります。この浄化作業は、歯磨きや掃除などと同じように、1回やって終わりではなくて、続けることが大切です。毎日着実に練習していくことで、どんどん純金に近づいていきます。でも、これは何年越しの話かもしれませんね。

 

ですから、この為に普段のアーサナ練習、食生活、そしてヤーマ、ニーヤマのガイドラインが反映して示しているような、「真実に基づいた誠実な生き方」であったり、「嘘をつかない、盗まない」といった清く保つことを、取り入れてあげると、状態は保ちやすくなるのです。

 

私は常々「近道はない」思っています。毎日コツコツやることが大切で、これしかないですし、これが一番間違いないです。なぜならば、その道を歩んだ分、誰もそれをあなたから取り除くことができないからです。誰かに「ポンっと貰ったり」、「ポンっと舞い降りて来た」だけでは、また「ポンっとなくなってしまう」かもしれないです。

 

でも、自分の足で歩いて、確かに踏みしめてきた道は覚えているので、絶対に身に付いていきます。

 

 

音声:瞑想に至るとき(0:54)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0405_0054.mp3|titles=瞑想に至るとき]

 

 

②環境を整える

私には瞑想のための布があります。

 

2016-04-18 11.13.24

  

この布は、瞑想のときにしか使用しません。布についてですが、糸と糸の間は空間ですよね、この空間が、バイブレーション、エナジーを保存・保管します。

 

例えば、お友達の服を借りたときに、そのお友達っぽいなと感じたことはありませんか?あれは、匂いやサイズの問題だけではなく、エナジーがそう感じさせているのです。これは、人体における重要なエネルギーの交差点チャクラ」が、体の真ん中を通っていて、服にそのバイブレーションが保存されるわけなのです。

 Chakras1

C.G.ユング著「クンダリーニ・ヨーガの心理学」より

Chakras2

Harish Johari 著

「CHAKRAS ~Energy Centers of Tansformation~」より

 

最初のうちは「考え事瞑想」になっているから、そうはならないかもしれませんが、だんだん「静かな瞑想」を重ねられるようになってくると、この布を巻いたら”その状態”へ行き易くなります。ラグもマットも同様です。ヨガのためにしか使用しませんよね。みなさん、環境を整えてあげましょう!

 

 

音声:食生活にまつわるお話(0:53)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0406_0053.mp3|titles=食生活にまつわるお話]

 

 

やることをコツコツ実践して守っていることが、自分のエナジー体を守ることにつながり、ひいてはヨガ・瞑想に至り易くなります。

 

「私 全然だめだぁー...」と思った時は、音符と休符と楽譜の話を思い出してくださいね。「あなたが思っているほど、遠くではないよ」ということです。時々、「何年かかったら、そうなれますか?」と質問されることがあり、私もそんな風に昔は感じていたのですが、今はそんな風に捉えることさえないんです、「同じだよ!」と思います。

 

 

5♦宿題♦

3つあります。

 

  • ヨガの時間以外での呼吸意識を、なるべく多くしてください。

 

アーサナとチャンティングの宿題はもう出していますが、その上に呼吸法まで宿題に出してしまうと、どんどん増えて大変になってしまうので、呼吸法の練習は一日を通していつでもどこでもできるものにします。移動中は呼吸を意識してください。歩く、電車、自転車、バイク、車、などはみなさん絶対にすることだと思います。「二歩進んだら、吸う。そして、また二歩進む」のように、均等呼吸をしてくださいね。

 

  • 週1回、20分一口の瞑想を実践してください。

 

瞑想の練習は、毎日と言いたいところですが(笑)、みなさん時間がないと思いますので、座ったら20分座るということにしたいと思います。これを週に1回行いましょう。アーサナ練習ができている方は、アーサナ練習の前後でもいいですし、またはみなさんのスケジュールの中で、10分、15分あり、日頃から瞑想を取り入れられるという余裕があれば、アーサナ練習・OMチャンティングと組み合わせて、是非とも実践してみてください。

 

次回は5月になりますので、それまでに行っていただきことがあります。

 

  • グループ間全員で、最低週1で連絡を取り合うこと。

 

「どう?ちゃんとやってる?」、「あなたどこまでやってる?」などと連絡を取り合いましょう。同じ船に乗って、みんなオールを漕いでいるのですが、漕いでない人がいたら「一緒に漕ごうよ!」と声を掛けてあげてください!(笑) 応援し合い、支え合ってください!

 

これまでに出た4回分の宿題のやり方について説明します。

 

音声:全ての宿題について(1:30)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0407_0130.mp3|titles=全ての宿題について]

 

 

 

*クラスの中のQ&A

生徒さん:瞑想に向いている時間帯はありますか?

 

音声:めい先生の回答(1:04)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0408_0104.mp3|titles=めい先生の回答]

 

 

それでは、これで第4回『MEDITATION』のクラスを終了とします。

最後にOMチャンティングを3回します。

 

 

音声:OMチャンティング(0:42)

[audio: http://vedatokyo.com/wordpress/wp-content/uploads/2013/03/2016ISC0409_0042.mp3|titles=OMチャンティング]

 

 

いかがでしたか。
次回のテーマは「食生活」です。
チャンティング、呼吸、メディテーション…と内側に意識を向けていくクラスが続きましたが、次回は少し違う角度から、ヨガの世界へアプローチすることになります。食べ物とは一体何なのか。食べ物が私達に与える影響とは。食べ物とヨガと関係あるの?など。身近なテーマなだけに、次回も白熱しそうです。

開催日は5/2(月)、時間は13:30〜15:30となります。お楽しみに!

また、この時間帯の前に『めいちゃんサラダ特別ランチ会』を開催します!

時間12:15〜13:15

【参加費】ISC受講生 1,500円、ランチのみ参加 2,000円

3月に行われためい先生のFOOD WORKSHOP「サラダ研究会とローフードの基礎」が大変ご好評をいただき、「こんなにもみなさんが気になる、通称『めいちゃんサラダ』をもっと広くお伝えしたい!」という思いから、次回ISC「食生活」に合わせて、実際にサラダを提供いたします。ここからISCで伝えたいことに繋がりますので、是非おなかをすかせてご参加ください☆ 詳しくはこちらをご覧ください。

PLACE

place_01

コンセプトスタジオ logo_veda

〒107-0062 東京都港区南青山4-17-3, 2f
tel:03-6447-1502
fax:03-6447-1503
営業時間
10:00am~6:00pm (水曜定休)

○最寄り駅:表参道駅(東京メトロ 銀座線、千代田線、半蔵門線)A4出口より徒歩6分
○行き方:A4出口を出て、左へ(根津美術館方面)へ歩きます。右手にプラダがある信号を左折し、そのまま直進します。緑色の「中村不動産」の看板があるのでその角を右折し、右手のガラス張りの建物の2階です。

Seekers who understand that health is not only of the Body, but of Mind and Spirit too;
Truth-Lovers who are willing and wanting to take a closer look at Life;
Gather at veda in Minami-Aoyama, Tokyo.

"veda" means, "Sacred Knowledge."
The kind of knowledge that's not just kept in our heads,
but the Wisdom of Life that comes alive in practical use in daily life. sign_01